Softinterfaceの文書比較ツールで仕事力アップ。


製品のご案内
クライアント

LexisNexis

EMC

Adobe

IBM

「この製品を気に入っています。スピードも速く正確な結果が得られるからです。文書の相違点を漏らさず見つけてくれます。また、相違点の表示がとてもわかりやすくて、インターフェイスも使いやすい所がいいですね。これが購入を決めた理由です!」リチャード M. ベーカー (Richard M. Baker)

Compare Document

素晴らしいカスタマーサービス、リクエストへの迅速な対応、最高の開発スピード、これが私の体験した Softinterface Inc です。インストールして数時間たらずで...

ブルース キング、IBM カナダ、オンタリオ州トロント


Click for the BBB Business Review of this Computers Hardware, Software & Services in Santa Monica CA
ファイルの比較 一括表示

高速かつ正確な文書比較を求めている方に、待望のツールです。'Diff Doc' は強力でしかも使いやすいフォルダ/ファイルの比較・修正ユーティリティです。MS Word/Excel/PowerPointPDF、RTF、Text、XML、HTML、Wordperfectや、その他あらゆる種類のファイルを比較するためにご使用いただけます。Softinterfaceの比較ユーティリティはすべてのソフトウェアが機能すべき方法、つまり正確、高速、簡単、安価に機能するのです。

文書比較ソフトウェア無料ダウンロード

(Windows 95、98、2000、ME、XP、NTなどその他..)

どのエディタ(MS Word、Excel、Wordpad、ノートパッド、その他) を使用しているかに関係なく、オリジナルと修正ファイルを読み込み、[更新] ファイルの比較ボタンをクリックする (または F5 キーを押す) ことで、文書の比較がすぐに表示されます。さらに、フォルダを比較してどのファイルが変更されたかをチェックした後に、詳細なファイル比較を行えます。

'Diff Doc' では、「一括表示」と「2列表示」の2つのビューでファイルの相違点を表示できます。各ビューにそれぞれ利点があります。1回クリックする(またはF6キーを押す)だけで、ビューを切り替えることができます。最後に、相違点の詳細を記載した、HTMLを含む多くのレポート形式を作成できます。

今までお試しになった中でも最高の文書変換ツールです。早速お試しください。ここをクリックして、無料 評価版をダウンロードしてください。

さらに詳しくは、ここをクリックして関連文書を参照してください。以下に、機能リストと使用方法を説明します。

'Diff Doc'の機能

  • 書式を失うことなく、MS Word、Excel、PowerPoint、Wordperfect、PDF、リッチテキスト (RTF)、テキスト、またはHTMLファイルを比較します
  • 文書(ファイル)のどの部分を選択しても、同じまたは異なる文書(ファイル)の一部と比較できます。
  • あらゆる種類のファイルを、あらゆる種類のファイルに対して比較できます(たとえば、MS WordをWordperfectファイルに対して比較)
  • 文書の変更点をハイライト表示するための色とフォーマットを変更可能
  • Windows Explorerシェル(Windows Explorer、デスクトップ、ファイル内を検索、その他) に統合し、素早くファイル比較が可能
  • [次の相違へ移動](F7)、[前の相違へ移動](Shift+F7)など、移動ボタンを使用して簡単にファイルの相違点を移動できます。または、ドロップダウンリストを使用して、特定の相違点にジャンプできます。
  • 段落の違いを非常に細かく診断
  • 'Diff Doc'にカット&ペーストすることで、あらゆるアプリケーションからのテキストを比較。
  • [2列表示]と[一括表示]の両方をサポート
  • DOC、テキスト、RTFまたはHTMLのどの形式でもビューを保存可能
  • 詳細なHTMLレポートが利用可能。結果をすぐに印刷および電子メール送信できます。2列表示と一括表示の両方の比較レポートがサポートされています
  • テキストとコンマ区切りのレポートも利用可能
  • フォルダをまず比較してどのファイルが変更されているかをチェックした後、クリック1回だけでファイル比較を行えます。
  • WORLDOXや、コマンドラインによりサードパーティ比較アプリケーションをサポートしている、その他のあらゆる文書管理ソフトウェアと互換性があります。詳細はこちらを参照してください。
  • あらゆる言語に適合させることができます
  • コマンドラインから実行するか、ActiveX COM インターフェイス(ご請求により提供) を使用して独自のソルーションを構築していただけます

CompareRiteに代わる製品をお探しなら、この製品をダウンロードしてお試しになることを強くお勧めします。一度'Diff Doc'でファイルを比較してみれば、納得いただけるでしょう。

文書の比較に'Diff Doc'を使用する

'Diff Doc' の使用方法は非常に簡単で、ファイルをアプリケーションにコピー&ペースト(またはロード)した後、[相違点を表示]ボタン(またはF5)をクリックするだけです。もちろん、'Diff Doc'の機能を完全に活用するために知っておくべき、いくつかのオプションや機能があります。

プログラムには3つの主要なタブがあります。[ファイルの比較, 文書の比較ファイルの比較]、[ファイルの比較 - Compareriteの代替比較オプション]、そして[ファイルの比較レポートオプション]です。各タブについては、下記でより詳細に説明します。

ファイルの比較 - Comparerite の代替ファイルの比較

作業中は、[ファイルの比較]タブ内で、大部分の時間を費やすことになります。3つ、または多くても4つのエディタボックスが常に表示されています。常に表示されている上の2つのボックスは「オリジナルエディタ」そして「修正エディタ」と呼ばれます。下のテキストエディタは「相違点エディタ」と呼ばれます。相違点エディタ内には、オリジナルエディタと修正エディタ間の変更点が更新および表示されます。

比較作業の第1段階として、オリジナルと修正エディタの両方にファイルを読み込むか、データをコピー&ペーストするか、または新しいテキストを入力します。[ファイル]メニューをクリックしてファイルを読み込むか、または読み込みたいエディタの上にマウスを移動し、右クリックしてコンテキストメニューを表示します。コピー&ペーストは、プログラムによって異なる方法で行われます。ただし、ほとんどの場合、プログラムでテキストをハイライトして[CTRL-C]キーを押すだけでコピーできます。ペーストするには、オリジナルまたは修正テキストボックスをクリックし、[CTRL-V]キーを押します。

次に[表示を更新して相違点を示す]ボタンファイルを比較 - 文書を比較 (または F5) を押します。オリジナルと修正テキストボックスの間の違いが相違点エディタに表示されます。ツールバー上にある[中止]ボタンDiff Document - Comparerite の代替をクリックすることで、更新プロセスを中断できます。

意味
変更 変更があります。オリジナルテキストは取消線のついた赤の太字で表示され、修正テキストは赤の太字で表示されます。
追加 オリジナル文書への追加が行われた部分です。緑の太字で表示されています。
削除済 オリジナル文書から削除が行われた部分です。取り消し線の入った青の太字で表示されています。

相違点エディタ凡例

検出された相違点間の移動 (F7、Shift-F7…)

相違点ビューアが更新され、1つ以上の相違点が検出された場合、移動ツールバー/キーを使用できるようになります。以下の表で使用可能なコマンドについて説明しています:

ボタン 用途
ファイルの比較Ctrl-Shift-F7 最初の相違に移動

ファイルの比較ソフトウェアShift-F7

前の相違点に移動

ファイル比較F7

次の相違に移動

ファイルの比較ソフトウェアCTRL-F7

最後の相違に移動

Compareriteの代替F4

選択した相違に移動

ツールバー内にはドロップダウン リストボックスもあり、相違点の番号と、相違点として表示されたテキストの一部を見て選択することができます。

相違点ビューアの切り替え (F6)

ツールバー内の一番大きいボタンをクリックすると、相違点ビューアの「一括表示」と「2列表示」を切り替えます。一般的には、文学的な内容を取り扱う人は[一括表示]を好みますが、ソースコードを取り扱うプログラマーは[2列表示]を好みます。また、ビューの切り替えることで、赤線がどのように機能するかを理解することができます。

ファイルの比較ソフトウェア レポートの作成 (F2)

[レポート]ボタン(またはF2)をクリックすると、[レポートオプション]タブ内で指定された通りにレポートが作成されます。また、マウスの右クリックを使用すると、エディタを印刷または保存することができます。エディタ内を左クリックで選択して、ファイルメニューから印刷または保存を選択することもできます。

注意:MS Word、HTML形式で保存するには、MS WordがPCにインストールされている必要があります。

ファイルの比較オリジナル文書と修正文書を交換 (F9)

文書を交換ボタン(またはF9)は、オリジナル文書と修正エディタ内のテキストを交換し、自動的に相違点ビューアを更新します。

ファイルの比較比較オプション

[Comparerite 代替比較オプション] タブには多くのアイテムがありますが、最も重要なアイテムは次の通りです。

設定名 説明
大文字・小文字を無視 ファイルの比較の際に大文字・小文字の違いを無視します

空白文字 (タブ・スペースなど) を無視

ファイルの比較の際に空白文字 (水平タブ、垂直タブ、復帰改行、フォームフィード、開業、スペース) を無視します。

空白行を無視 ファイルの比較の際に完全に空白の行を無視します。空白文字だけがあっても、その行は空白ではありません。
作業完了をビープ音で通知 これが設定されると、ファイル比較が完了したときにビープ音が鳴ります。
フォーマットを削除 テキストのみの比較をするには、文書の比較の際にこのオプションを選択して、すべてのフォーマットを削除します。

ファイルの相違点レポートオプション

作成されるレポートは、[文書の比較レポートオプション] タブ内の設定によって変わります。何よりも一番重要なのは、作成したいレポートの種類です。もちろん、エディタから印刷することができます。また、Word、HTML、テキスト、そしてコンマ区切りファイルという、4つのレポートファイルの種類があります。HTMLレポートには、「一括表示」または「2列表示」ビューのいずれかを指定するオプションがあります。レポートの種類は[全般]セクション内で選択できます。

その他の3つのセクションでは、レポートの種類のさらに詳細なカスタマイズが可能です。たとえば、各レポート種類について作成されるレポートファイルのデフォルトパスと名前を変更することを選択できます。

レポートを印刷およびメールで送信する

レポートが作成されると、適切なアプリケーションで表示されます。DOCとHTMLレポートはブラウザで表示されます。通常、ブラウザにはメニューから保存、印刷、メール送信する機能があります。その他のレポートはノートパッドに表示され、そこから印刷、編集、保存されることができます。


「ソフトウェアにとても満足しています。必要な機能はすべて備えている上に、希望に応じて環境設定できます。文句のつけようがありません。他に検討したソフトウェアよりも手ごろな価格で、必要な作業をこなしてくれます。これが、まさに私がソフトウェアに望むことです。たしかに、最近ではないものの、昔はCompareRiteを使っていました。移行に問題はありませんでした」
--
ニール A. カウフマン - 法廷弁護士、オンタリオ州トロント、カナダ


「Inside Microsoft Excel」に掲載。記事を参照するにはここをクリック。


に掲載。

「私は弁護士2人の小さな法律事務所を経営していて、多くの企業や不動産関係の仕事を引き受けています。大多数の人と同様、Word の文書比較ツールの欠陥には非常に失望していました。このWordのツールは、変更箇所だけでなく、段落全体をハイライトしてしまうことがよくあります。このフォーラムで不満を漏らしていた皆さんと同じく、Delta Viewの価格は高すぎると思いました。

Word DocDiff についてここで読んだ後、最近Word DocDiff ウェブサイトhttp://www.SoftInterface.com <http://www.SoftInterface.com>から試用版をダウンロードしました。インターフェイスは非常に使いやすく、結果は非常に良いものでした(私の用途には)。文書に加えられた変更箇所を表示するビューが複数あるだけでなく、変更箇所をすべて統合してWord形式の「赤線」文書で表示する方法もあります。また、変更箇所のページ番号と段落番号を示すレポートを作成することもできます。

今まで20回ぐらいしかこのツールを使っていないので、最高の製品と言うのは控えますが、自分で試用版(無料)をダウンロードして評価する時間を費やす価値はあります。」エドワード S. シェルトン (Shelton and Shelton)


「Word文書を別のWord文書と比較するのにとても役立ちそうな、Diff Docという製品を見つけました。(WordPerfectでうまく動作するかどうかはわかりませんが、サポートされているとドキュメントとして記載されています)。皆さんと同じく、DeltaViewを検討していましたが、価格体系が高すぎることに非常に不満でした。また、Diff Doc はコマンドラインから実行できます 。そのため、文書管理との統合が簡単です(ソフトの作者は、2、3時間でコードを変更し、WORLDOXバージョニングで機能するようにしてくれました。お返しに、WORLDOX統合についてのFAQを作成しました)。評価版を<http://www.softinterface.com/>からダウンロードしてみてください。」'Diff Doc'トロイ ピエルスマ、TechnoLawyer ニュースレターからの抜粋。


TechnoLawyerのトロイ ピエルスマによる投稿を読んでみてください。私もまったく同感です。最近、DeltaViewを使っていた大きな事務所を辞めました。しかし、私の事務所の規模がDeltaViewのポリシーから見て小さすぎるために販売担当者から無視され、同等プログラムを探していました。Tabs3 Practicemasterのリセーラーであるジュディ ラセックから、WORLDOXを購入しました。WORLDOCXには満足しています。ジュディが独自のネットワークを通して知っていたDiffDocsを紹介されたため、実際にダウンロードして試してみました。最初は同じ文書の複数のバージョンを比較するのに苦労しましたが、DiffDocsからアップデートを受け取った後、非常にうまくいきました。定期的に契約を改訂することが必要な業務処理が私の仕事ですが、このプログラムはこの種の比較を非常に良くこなしてくれます。既存の他社からに比べて非常に良い変化をもたらしてくれたという理由だけでも、独立弁護士や他の方々も、このソフトウェアを試してみることを推奨します。ただし、製品自体がこれほど良くなければ、お勧めしなかったでしょう。」マイケル V. マルチャイ, PLC


文書の比較「素晴らしいカスタマーサービス、リクエストへの迅速な対応、最高の開発スピード、これが私の体験した Softinterface Inc です。WordConverterEXE製品をインストールしてほんの数時間で、この会社と取引すると決めて正解だったと確信しました。

この数ヶ月間、Softinterfaceの製品はミッションクリティカルな環境で完ぺきに機能しています。いくつか機能拡張のリクエストを出したときも、その日のうちに改良版が届き、WordconverterEXEで時間と経費が大幅に節約できました。

SoftInterface のチームと一緒に仕事ができてよかったです。本当にありがとうございました。」

IBM カナダ、オンタリオ州トロント、ブルース・キング