'Diff Doc' FAQ!

English 日本語

(Windows 95,98,2000,ME,XP,NT )


目次


既知のバグはありますか。

現在、保留中のバグはありません。バグを発見したら ぜひご報告 ください。

トップに戻る

I 追加と削除は理解しました。しかし「変更」とは何ですか。

それぞれのドキュメントを処理する場合、まず、アプリケーションは、類似する段落を一致させようとします。一致しない段落は、追加または削除と見なされます。一致したが、まったく同じではない段落は、変更と見なされます。

トップに戻る

それぞれのファイルで見つかった差異に関するレポートをファイルごとに生成しながら、フォルダ全体を比較できますか。

1. まず、'Diff Doc' を開き、「フォルダの比較」画面に移動します(CTRL-D)。
2. 「比較オプション」タブをクリックします。
3. 「ファイルの内容」で次をクリックします。
「両方の箇所でバイナリ内容が異なるファイルを示す」
「差異がある場合のみレポート生成」

「フォルダの比較」タブをクリックして、更新ボタン(F5)を押すこともできます。 

 

別の方法として、コマンドラインからフォルダを比較し、比較したファイルごとにレポートを生成することもできます。コマンドラインを使用する場合、このトピックで取り上げられている設定は、GUI で設定するのと同様に保存され、読み込まれます。よって、いったん設定されれば、これを行うための追加のパラメータは不要です。


トップに戻る

 

'Diff Doc' で開けないファイルタイプを使用しています。それでも比較できますか。

1. 'Diff Doc' を実行します。
2. 「ファイルの比較」画面で「オプション」タブをクリックします。
3. 「更新オプション」で「ファイルを再ロードせずに、エディタの内容の相違点を表示」を選択します。
4. 「ファイルの比較」タブを再度クリックします。
5. オリジナルのアプリケーション(WordPerfect など)で比較するドキュメントを開きます。

6. キーボードの CTRL-A でドキュメントのすべてを選択し、CTRL-C を押して内容をコピーします。

7. 'Diff Doc' に戻り、上部のエディタをクリックし、CTRL-V で内容を貼り付けます。

8. 他のドキュメントについても、5 - 8 を繰り返します。

9. 差異の表示を更新するには、F5 を押します。

 

終了したら、「ファイルの比較」オプションを保存することもできます。

 

トップに戻る

WorldDox との統合方法

注意: 'Diff Doc' は WorldDox バージョン(WD2002ビルド4/30/2003 R9.3)で動作します。

次のスクリーンショットは Worldox 統合画面です。/M、/S、/T 以外のパラメータは、使いやすい CompareRite プログラムのように動作するためにあります。

/S は、Worldox の /n(新規ファイル)スイッチで、変更したファイルを 'Diff Doc' に送ります。

/M は、Worldox の /o(古いファイル)スイッチで、オリジナルファイルを 'Diff Doc' に送ります。

/T は、Worldox の /r(結果ファイル)スイッチで、比較ファイルを 'Diff Doc' から Worldox に送ります。

/R4 は、(テキスト、HTML、RTF の代わりに)MS Word で出力レポートを作成するよう 'Diff Doc' に指示します。

/X は、作業が完了したら終了するよう 'Diff Doc' に指示します。

この画面を表示するには、Worldox を開き、[ファイルの選択]>[比較]>[設定]を選びます。

WorldDox Document Comparison Integration

/M%o /S%n /T%r /F1 /R4 /X

「追加」「変更」「削除」の数が正確に表示されないようです。

更新された HTML レポートについては、バージョン 2.99 をご覧ください(段落単位の変更ではなく、単語単位の変更数が概要に表示されるようになりました)。

バージョン 2.99 以前: レポートされる変更、削除、追加の数は、次を前提にしていることをご理解ください。まず、このプログラムは、2 つのスキャン比較を行います。1 つ目は、段落単位、2 つ目は単語(サブパラグラフ)単位です。レポートされる差異は 1 つ目のスキャンに基づいていますが、画面は両方のスキャンの結果を表示しています。変更の数と変更された段落の関係は、標準の MS Word レポートではなく、CSV 形式のレポートで確認すると簡単に理解できます。

あるファイルを比較したら、比較結果の Word ファイルが文字化けしました。

何かの理由で MS Word が正常に動作しないファイルがあります。ウィルスかもしれませんが、正確にはわかりません。この問題を解決するには、'Diff Doc' インストールフォルダ(通常、c:\program files\softinterface\ など)から次のファイルを削除してください:

Temp.RTF

md_master.TXT

md_source.TXT

WordPerfect や他のドキュメントタイプを比較してもうまく比較できません。.

MS Word/Excel がインストールされていて、比較するファイルのタイプを開けることを確認してください。通常、はじめにモジュールをインストールしないと、MS Word で WordPerfect をすぐに開くことはできません。この問題は、そのドキュメントタイプを Word/Excel で開けば解決します。必要なモジュールをインストールするよう Word/Excel でプロンプトが表示されます。また、MS Office のインストールを実行し、MS Word に必要なファイルフィルタを追加することもできます。

トップに戻る

マーキングされた単語に二重線を引くにはどうすればいいですか。

レポートタイプに MS Word を選択します。ファイルを選択して F5 を押し、ファイルを比較します。F2 を押してレポートを作成します。

トップに戻る

このアプリケーションのソースコードは入手できますか。

このアプリケーションのソースコードの購入について詳細は、SoftInterface の にご連絡ください。

トップに戻る

'Diff Doc'は、WinCVS のようなサードパーティ製のドキュメント管理ツールと動作しますか。

はい、動作します。'Diff Doc' は、コマンドラインから実行でき、サードパーティのアプリケーションからも起動できます。起動するときに特定のオプションを有効にする必要がある場合、次に示すバッチファイルを使用して実行できます(特定のインタフェースについては、 までご連絡ください)

@echo off
"C:\Program Files\SoftInterface, Inc\WordDocDiff\WDD.EXE" /m%1 /s%2

トップに戻る

セキュリティ設定で気をつけることはありますか。

アプリケーションの実行に使用するアカウントの dd.dll、diffoc.exe、diffdoc.ini ファイルへのアクセス許可をフルコントロールに設定します。

トップに戻る

テキストファイルを読み込んでも表示されません。

ファイル名に DOC の拡張子を付けて変更し、再度読み込みます。たとえば、「abc.txt」という名前を「abc.txt.doc」に変更します。

トップに戻る